美の巨人たち 横山大観『或る日の太平洋』
最晩年84歳のの富士の絵に託したメッセージとは何だったのか?

横山大観「或る日の太平洋」の「ある日」とはいつの事か?龍の意味

 或る日の太平洋 横山大観
或る日の太平洋 横山大観

 

北陸を愛した横山大観

北陸新幹線が通じ近くなった富山そこに水墨画美術館があります。

岡倉天心の下で学んだ大観は日本画を極めることに精をだした。
そして生み出したのが
朦朧体と呼ばれるぼかした筆使いの技法

明治35年富山を3度も立山を描きたのは、大観でした。そしてその1500点もある富士山の絵の中から
『或る日の太平洋』縦長、太平洋と富士山を稲妻と一匹の龍が描かれています。

太平洋戦争が終結しかし
敗戦国日本の国粋主義的な潮流とされた日本画が、戦後激しい批判にさらされたのは当然といえば当然でした。

しかし華麗な画歴をほこる
横山大観は、さまざまな批判にも動ずることなく、自らの姿勢を守り通した。

そして、この絵は富士という日本の美を象徴した富士が書かれています。
美しい日本の象徴は富士という主張がありました。

 

『或る日の太平洋』横山大観

 

富嶽登竜
稲妻とともに 海底より龍が現れ霊峰冨士を目指す、」富嶽登竜

この或日とはいつのことなのか?

『或る日の太平洋』が描かれたのは
昭和27年連合国の占領が終了した年です。

戦争が終わって
このある日は大観が平和を感じた時ではないでしょうか。

戦後、描いた富士のことです
シュールレアリズムの絵と呼ばれた

大観は暗い霧は混沌とした時代の象徴で、凛とした冨士を描くことにより無窮の美しさを描きました。

龍は日本全体のパワーを表していると言われています。
日本の復興と平和を願い書いたのです。

狩野派の絵から影響を受けた龍は荒波の如く襲って来た戦争を
霊峰富士へ富嶽登龍する日本を表しています。

美の巨人たちの
ナレーター小林薫&蒼井優、音楽は辻井伸行が担当