ゴッホ作,タンギー爺,浮世絵
ゴッホ作 タンギー爺さんと浮世絵

美の巨人たち ゴッホ『タンギー爺さん』の肖像
タンギーの後ろに描かれた日本の雪景色と花魁は何を意味する?
浮世絵に隠されたゴッホの本音とは

ゴッホ作『タンギー爺さん』の肖像

美の巨人たちで取り上げられたのは
フィンセント・ファン・ゴッホ作の『タンギー爺さん』

『タンギー爺さん』はゴッホのパリ時代の作品で、ロダン自身が買い求めた作品だそうです。ゴッホも当時は、それほど値段は高くなかったのでしょう。
現在もロダン美術館にあります。

モデルとなったのは画材屋さんの絵具屋さんのジュリアン・フランソア・タンギー『タンギー爺さん』と呼ばれるゴッホの数少ない友人のひとりで
そのタンギーの62歳の時の肖像画だそうです。

画材屋のタンギーは、貧しい画家たちを支援していたそうです。
ゴッホもそのたひとりでした。

当時、ゴッホは弟テオの世話になり、絵を描いていました。
やっかいもの扱いのゴッホの面倒を見てくれていたそうです。

ゴッホは高齢まで生きることができたら
タンギーじいさんのようになるだろうといっていたそうです。

浮世絵に隠されたゴッホの本音

奇妙な肖像画の謎

9ce4yckc

絵の中に描かれている絵のことをガチウラと呼ぶそうです。
その中に画家の本音が見えるそうです。

ゴッホはタンギーじーさんの絵を3枚書いています。
そして、その2枚の背景に浮世絵があります。

ゴッホのガチウラの浮世絵はタンギー爺さん中に6枚もあります。

ゴッホと浮世絵

 

もう1枚のタンギー爺さんの肖像 ここにも浮世絵が
もう1枚のタンギー爺さんの肖像 ここにも浮世絵が

極東の見知らぬ国、日本の絵に魅了されたゴッホは、浮世絵を
400枚も集めていました。

また、絵の構図など浮世絵をトレースしていたそうです。

タンギー爺さんに描かれているのは

安藤広重 石薬師
葛飾北斎 富嶽百景
日本の女性の花魁の浮世絵
夏の風物詩あさがおなどの6枚

背景に日本人と四季の移ろいを凝縮していますね。

番組の解説では、この6枚の浮世絵を描いた
ゴッホは、美しい国、人の心、移ろいゆく四季など、それを教えてくれた浮世絵に感謝と尊敬を込めて書いたそうです。

タンギー爺さんとは何者?

逮捕歴のある、タンギーの意外な正体

この絵をゴッホが描いた時にタンギーは
獄中にいたそうです。

政治活動で危険人物とされ自治政府パリコミューンに所属
政府に鎮圧され投獄されていました。

しかし、タンギーは画家たちに優しく
聖職者を目指していたことのあるゴッホは
弱者に寄り添うタンギーに己の理想をダブらせていたそうです。

自分たち画家を優しく見守るタンギーと自分の芸術に影響を与えてくれた浮世絵
それを描いたゴッホ

孤独な画家が、パリで出会った希望だったんですね。

ゴッホの最後とタンギー

しかし、その後、南仏に旅立った、
ゴッホはピストル自殺を図りました。

寂しい葬儀の場にもタンギーはいました。
ゴッホを最後まで見送った一人だったんですね。

炎の画家が描いた
モンマルトルの守護神それがタンギー爺さんの肖像画だったんですね。

タンギーの画材屋さんは
浮世絵のギャラリーとなっているそうです。


フィンセント・ファン・ゴッホ「タンギー爺さん Portrait of Pere Tanguy. 1887. 」 インテリア アート 絵画 プリント 額装作品 フレーム:木製(茶) サイズ:S (221mm X 272mm)

美の巨人たち ゴッホ『タンギー爺さん』
テレビ東京 2016年1月9日(土)

タンギー爺さん セザンヌ
ゴッホ タンギー爺さん
タンギー爺さん 鑑賞文
タンギー爺さんの肖像 感想
タンギー爺さん 鑑賞
タンギー爺さん 値段
タンギー爺さん 感想
タンギー爺さん 浮世絵
タンギー爺さんの肖像解説
タンギー爺さんの肖像