動植綵絵,老松白凰図
動植綵絵 老松白凰図

ゴールデンウィークの今、大変な混雑をみせている展示会があります。
今年生誕300年を迎える伊藤若冲の展示会です。

テレビ番組美の巨人たちでも
その若冲の天才ぶりは紹介されています。

4月30日の「美の巨人たち」で紹介されるのは
『釈迦三尊像』3幅と『動植綵絵』30幅です。
<伊藤若冲に関するこちらの記事も読まれています>

2016 伊藤若冲 公式 グッズには何があるのか?
伊藤若冲の作品 京都 相国寺「動植綵絵」と『釈迦三尊図』
伊藤若冲展2016の混雑具合 ゴールデンウィークの連休中リアルタイム情報
伊藤若冲「孔雀鳳凰図」発見された鳳凰と孔雀の絵の技法の謎
伊藤若冲 2016 東京都美術館 展覧会の期間は?
『動植綵絵』2016伊藤若冲 展
伊藤若冲 展覧会 2015『乗興舟』モノクロ・拓版画

青物問屋の長男として生まれた若冲

最高傑作といわれる『釈迦三尊像』『動植綵絵』
そこには若冲の驚きの技があえりました。

伊藤若冲は18世紀初頭の1716年に京都で生まれました。

今の京都の錦市場付近にあった「まつげん」という青物問屋の長男として生まれましたが商いが嫌いなうえ、跡取なのに妻をめとらず40歳で家督を弟に譲って隠居してしまいます。

そして本格的に取り組んだのが絵の道です。

しかも、ほとんど独学で始めたというから驚きです。

3年後、前代未聞の花鳥画の制作に挑みました。

伊藤若冲 最高傑作『釈迦三尊像』『動植綵絵』

伊藤若冲,釈迦三尊像
伊藤若冲の「釈迦三尊像」

中央に掛けられるのは
釈迦如来 鮮やかな色彩を重ねて
強烈なコントラストをつけて描かれています。

右側には青い獅子に乗った
文殊菩薩像(もんじゅぼさつぞう)

左側には白い像にのった
普賢菩薩像

そして見る者の度肝を抜くのが『釈迦三尊像』を取り囲むようにずらりと
並べられていた『動植綵絵』です。

 

極上の絹に描かれています。

動植綵絵
動植綵絵 全30幅

描かれているんのはごく身近にいる生き物たちです。
30幅のうち半数以上は鳥、中でも最も多いのが8幅も描いた鶏です。

そして、植物、魚介類、虫や水辺の生き物の世界も。

京都の相国寺

京都御所の近くに相国寺があります。

この2つの絵は40歳の時絵の道を進み始めた伊藤若冲が京都の名刹・相国寺に寄進するために描いた作品です。

この、『釈迦三尊像』は『動植綵絵』対になっていて

『釈迦三尊像』は東福寺が所蔵していた仏画を鮮やかな色彩で模写したもの。

そして、その周囲を飾るために身近な生き物を描いたのが『動植綵絵』です。

この2つの作品から『永久不変の美を追求した絵師が作品に込めた想い』とは
なんだったのか?

京都相国寺
京都相国寺

没骨法

若冲の絵はまるで今、描き上げたばかりのように
色彩が鮮やかなわけは?

若冲の絵はリアルで過剰なまでの緻密さです。

若冲の絵をよく見てみると
没骨法とよばれる
余白で輪郭を描く技法が使われています。
花びらの隙間1mほどです。

肉眼では見えるか見えない世界に
その集中を注ぎました。

若冲の超絶技巧 輝く羽の秘密

そして『動植綵絵』の金色に見える部分は実は金ではありません。
『動植綵絵』は1999年から2004年にかけて修復調査が行われました。

そして衝撃の事実が次々と明らかになりました。

若冲の超絶技巧 輝く羽の秘密

鳳凰や孔雀 鶴などの白い鳥の金色に光る羽にも秘密があります。

彩絵とよばれる鮮やかな絵ですが
実は色彩のマジックです。

目が覚めるように鮮やかに見えるのはなぜでしょうか?
その秘密はちょっと薄暗い背景にあります。

若冲が追求した色彩とは「光」の色

8bf106yh

白い絵絹に
薄墨を塗りそれを下図の上に
膠で顔料の胡粉を解き
羽の質感を出すための濃淡を分けて描いていきます。

次に用意したのは
黄土

実は若冲が羽に使ったのは金ではありませんでした。
金と比べると黄土は黄色が強く感じられます。

その、黄土を絵絹の表からではなく裏から
彩色したんです。

白い鳳凰の絵は表面と裏面から描いていたんですね。
表から見ると羽が金色に見えます。

プルシャンブルーと伊藤若冲

itsrf0or

若冲の絵の具に対するこだわりを知ると
『動植綵絵』を描いた真の狙いがわかってきます。

描いた雀の目から多くの鉄分が検出されました。
発色にも色褪せない上質の絵の具を求めます。

郡魚図の一匹の魚「ルリハタ」に塗られた色の
藍色にこそ『動植綵絵』を描いた真の狙いがありました。

実はこの一匹だけに塗られた藍色が美術史の定説を覆しました。

 

左下の黒っぽく見えるのがルリハタ
左下の黒っぽく見えるのがルリハタ

プルシャンブルーという
西洋の顔料だったんです。

プルシャンブルーはドイツで1704年に発明されたもので
当時、日本に入ってきたばかりで発色がよく色褪せないこの色を
いち早く使っていたのです。

青に込めた思い

ドイツで発明されたプルシャンブルーが日本で広く知られたのは
100年後の19世紀です。

葛飾北斎もこの色に魅せられました。

これまでプルシャンブルーが日本で最初に使われたのが1770年代前半とされていましたがしかし若冲はそれよりも10年近く前にこの色を使用していたのです。

若冲の永遠にかける思い永久不変な美を描く

西洋の新しい絵の具プルシャンブルーは
当時、驚く程高価でした。

莫大な費用をつぎ込んでまで
この一色の絵の具に魅せられたのは何故か?

相国寺には
大典顕常(1719年~1801年)という僧がいました。
若冲という名をさずけた人です。

大典顕常(1719年~1801年)
大典顕常(1719年~1801年)

まだ、若冲が青物問屋の主であった頃
大典顕常と出会い影響を受け禅の道にはいり

そして、絵に志す若冲を支えてくれました。

その、大典顕常の恩に報いるように制作したのが
驚異の彩色画『動植綵絵』でした。

大典が若冲から聞いたことを文章にしたものが残っています。

その中の一つに
「流行に興味はない」
「自分が書きたいものを毎日、毎日、人と違うように描いてゆく。
そこが、他の絵かきと違うところだ」

毎日、毎日人と違うように、、、、

その中には誰もが使えないような絵の具も
なんとかとり寄せて使ってみたい。

若冲の真の狙いは
永久不変な美を描くこと。

伊藤若冲
伊藤若冲

だからこそ変色しない絵の具にこだわったのです。
若冲はこの作品に強い願いを込めていました。

世間に画名を広めたいといった
軽薄なしで描いたのではありません。

全てを相国寺に喜捨し
荘厳の具となり
永久に伝えられることが望みです。
(若冲の寄進状より)

永久に伝わるように
己の作品を未来へ
若冲は生きた証を残すように10年という途方もない歳月を費やして
普遍の美を描き上げたのです。