3eodlybe
2016年東京都美術館でゴッホとゴーギャンの二人の巨匠をテーマにした
日本初の展覧会が開催中です。
また、2017年は名古屋でも同展覧会が開催されます。

【関連記事】

ゴッホとゴーギャン展 東京の混雑状況 東京都美術館

フィンセント・ファン・ゴッホと
ポール・ゴーギャンは、印象派の影響を受け、互いに刺激し合いながら
新たな表現に挑戦してゆきました。
ここでは、南仏のアルルの収穫をテーマとしたゴッホとゴーギャンの
アプローチの違いを調べてみました。

東京都美術館 ゴッホとゴーギャン

ゴッホとゴーギャン展

2016年10月8日(土)~12月18日(日)東京都美術館 開催中
2017年1月3日(火)~3月20日(月・祝)愛知県美術館

東京都美術館で開催されているゴッホとゴーギャンの主題は

印象派から影響を受けた二人の巨匠の

共同生活での葛藤や、そしてその後におよぶ

芸術に対する違いなど様々な面で興味をそそられます。

【関連記事】

ゴーギャンの「ひまわり」にみるゴッホとの関係 ゴッホとゴーギャン展

ここでは、南仏のアルルでこの2人が描いた

自然の中の「収穫」に題材をおいて、二人の画家のアプローチの違いを

比べてみました。

「ラ・クローの収穫風景」ゴッホ作

x8mmo5vx

「ラ・クローの収穫風景」
フィンセント・ファン・ゴッホ作 1888年
ファン・ゴッホ美術館所蔵

実りの季節を迎えた小麦畑との収穫の風景で

ゴッホ自身が最高傑作と持参した作品です。

ゴッホ作「ラ・クローの収穫風景」の複製絵の通販はこちら

 

絵画 ゴッホ ラ・クローの収穫 (ナチュラル額)

新品価格
¥19,337から
(2016/10/11 23:34時点)

【関連記事】

ゴッホ「星月夜」の謎 美の巨人 三遠法と線遠近法

借り入れから種まきまでゴッホは、

季節ごとに様々な表情を見せる小麦畑を繰り返し描きました。

南フランスの光をたっぷりと浴びた

黄金色の小麦とオレンジ色の屋根、

青い荷車や空が心地よいコントラストを作り出しています。

「ぶどうの収穫人間の悲惨」ゴーギャン作

n6bl73y7

「ぶどうの収穫人間の悲惨」
ポール・ゴーギャン作 1888年
ジュートオードロップゴー美術館所蔵

「ぶどうの収穫人間の悲惨」

アルルでの共同生活の中で描かれた本作は

フィンセント・ファン・ゴッホの収穫とは対照的に

人間の不幸を主題にしている作品です。

ゴーギャン作「ぶどうの収穫人間の悲惨」の複製画の通販はこちら

ゴーギャン・「ぶどうの収穫:人間の悲劇」 プリキャンバス複製画・ 額付き(デッサン額/大衣サイズ/木地色)

新品価格
¥8,400から
(2016/10/11 23:39時点)

【関連記事】

ゴッホ 耳 自画像と切り落とし いつ? なぜ ゴーギャンとの生活が理由?

背景にはアルル地方に以前、滞在していた

フランス北部のブルターニュの女性たちを描き、

頬杖をついて途方にくれる女性のポーズは

ペルーで見たミイラを参照しています。

ゴーギャンは目の前の光景ではなく

記憶や想像を頼りに描いた本作をゴッホは大絶賛しました。