狩野永徳

狩野永徳(1543~1590) は

織田信長や豊臣秀吉の時代に活躍した画家で

安土桃山時代 山城国に生まれました。

幼少の時から祖父の

狩野元信の指導を受けました。

関連記事

狩野永徳と千利休 大徳寺 聚光院『花鳥図』に夏がない理由 蓮池藻魚図

安土 城・大坂城・聚楽第(じゆらくだい)など

織田信長・豊臣秀吉に用いられ

豪壮雄大な障壁画を制作しました。

代表作には 唐獅子図屏風  洛中洛外図屏風があります。

唐獅子図屏風 作者 狩野永徳

hzit57oa

狩野永徳 唐獅子図屏風 読み方は
(かのう えいとく からじしずびょうぶ)と読みます

唐獅子図屏風 は宮内庁に所蔵されている 国宝です。

狩野永徳の力強い筆法や迫力・勇壮さの

描画法は後に狩野派という流派を産みました。

 

狩野永徳 洛中洛外図

mqv1slt5

狩野永徳の洛中洛外図らくちゅうらくがいず)は、

京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の景観や風俗を 描いた屏風絵です。

1点が国宝、6点が重要文化財に指定されています。

狩野永徳と肖像画 信長像

狩野永徳の肖像画として信長像があります。

下の信長像が狩野永徳が描いた信長像です。

03

一般的に知られている

こちらの信長像は

01

狩野永徳の弟、狩野宗秀が描いたもので

信長の死後一周忌に長興寺に寄進されたもです。

穏やかな表情ですね。

おそらく、神経質だったといわれる信長は

生前に狩野永徳が描いた信長像

が近いのではないでしょうか?

狩野永徳とトヨタCM

トヨタのCM 織田信長役が木村拓哉、豊臣秀吉が北野武
狩野永徳の役が石坂浩二として第12話のCMが流れていましたね。

こちら

唐獅子図屏風 描画法 解説
唐獅子図屏風 感想 国宝
唐獅子図屏風 宮内庁 所蔵
唐獅子図屏風 木村 豊臣秀吉
狩野永徳 唐獅子図屏風
トヨタ CM 狩野永徳
狩野永徳 洛中洛外図 狩野永徳 顔 自画像
子孫 洛中洛外図屏風 肖像画 信長像
狩野永徳 唐獅子