美の巨人たちは成田亨『MANの立像』

美の巨人たち,成田亨,MANの立像
美の巨人たち,成田亨,MANの立像

ウルトラマンの彫刻作品、成田亨『MANの立像』
成田亨さんは美術スタッフとしてウルトラマンを生み出しそして
新進気鋭の彫刻家として『MANの立像』を制作

彫刻『MANの立像』はウルトラマンの放送終了後20年を経て制作
ヒーロー ウルトラマンのヒントは「プラトン」と「弥勒菩薩」「単純化した生命感」

成田亨作品集
成田亨作品集

ウルトラマンが登場したのが昭和41年の7月17日
シリーズウルトラQの続編でした。

成田亨さん円谷プロの美術スタッフとしてウルトラQの怪獣を生み出す仕事をしていました。

誰もが見たことがあるが誰もが見たことがないというフォルム

意外性と物質
身長40mのウルトラマン

ウルトラマンのフォルム「プラトン」と「弥勒菩薩」

ウルトラマン,成田亨
ヒーローにしてアート!ウルトラマン誕生秘話

ウルトラマンのフォルムはこの「単純化した生命感」とは
「プラトン」のいった混沌としたカオスと単純化したコスモス

ウルトラマンの顔が微笑んでいたことは?
「弥勒菩薩」にみられるアルカイックスマイル
本当に強い人間は戦う時に微かに笑う

彫刻『MANの立像』はカラータイマーが無い

成田亨,怪獣と美術

カラータイマーは戦う制限時間として
演出上の意図として付けられたものでした。彫刻家として制作した『MANの立像』にはカラータイマーはありません。

それは、20年後に純粋な彫刻として造ったウルトラマンなのです。

成田亨さんは語っています
嬉しいのは私がデザインした怪獣のミニチュアを
子供たちが喜んで胸に抱いて歩いているということです。

という成田亨 美術である怪獣やウルトラマンは
青森県立美術館に常設展示されています。
成田亨 美術/特撮/怪獣 | 青森県立美術館
成田亨 美術/特撮/怪獣 English ~出品点数700点!史上最大の回顧展! “時代”に抗った孤高の天才芸術家、その「軌跡」と「閃光」 …
成田亨 美術/特撮/怪獣
~出品点数700点!史上最大の回顧展! “時代”に抗った孤高の天才芸術家、その「軌跡」と「閃光」