8wnmwhh4
ヴェルサイユ宮殿の監修による「マリー・アントワネット展」が
東京の六本木森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ 森タワー52階)
で開催されています。
開催期間は2016年10月25日(火)-2017年2月26日(日)

マリー・アントワネット展

マリー・アントワネット(1755年11月2日 – 1793年10月16日)は
フランス国王ルイ16世の王妃で
フランス革命中の1793年10月16日に刑死した
ことで知られています。

その、マリー・アントワネットの暮らしたヴェルサイユ宮殿の

企画と監修によるマリー・アントワネットの

肖像画や愛用した食器や漆器、家具、身に着けた衣服、

そしてフランス革命期の資料など

約200点を展示するマリー・アントワネット展が

東京の六本木ヒルズで開催されています。

出展されるのははもちろん、王妃が美術的、歴史的に貴重な品々およそ200点です。

マリー・アントワネット展 開催期間と会場

マリー・アントワネット展
マリー・アントワネット激動の生涯を辿る
美術品が語るフランス王妃の真実

期間:2016年10月25日(火)-2017年2月26日(日)

休館日:会期中無休

開館時間:午前 10時〜午後8時
(但し、火曜日は午後5時まで)

※入館は閉館の30分前までとなっています。

会場:森アーツセンターギャラリー (東京・六本木ヒルズ 森タワー52階)

マリー・アントワネット展の見所は

ヴェルサイユ宮殿で暮らす

マリー・アントワネットのプライベート空間を、

壁の装飾なども含めて原寸大で忠実に再現したという部屋です。

当時のヴェルサイユ宮殿の豪華絢爛さはどのようなものだったの

でしょうか?

興味深々ですね。

マリーアントワネット展の混雑状況と予想

さて、気になるマリーアントワネット展の混雑の状況はどうなのでしょうか?

やはり、土日や休日ともなるとある程度の混雑が予想されますね。

マリーアントワネット展は六本木ヒルズで

やっていますので

都内に住まれている方であればやはり平日の昼間あたりが

混雑をさける上でのねらい目となるでしょう。

また、都内に通勤されている方であれば

火曜日を除けば

20時までやっていますので

平日、の夕方であれば仕事が終わってからでもまだ間に合いそうですね。

いずれにしても六本木ヒルズであれば平日が

混雑をさけるうえでもいいと思います。