03oswj8d

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬

没後150年 坂本龍馬 会場と期間

京都国立博物館 平成知新館
2016(平成28)年10月15日(土)~11月27日(日)

激動の時代を駆け抜けた1人の男の生き様に迫る。

龍馬 暗殺 新説、坂本龍馬が京都河原町の近江屋で強靭に倒れたのは

大政奉還から間もない慶応3年11月15日のことです。

龍馬の死から150年

これを機に10月15日から開催される

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬は

彼の行動と人間的な魅力を改めて見直そうとする大規模な展覧会です。

没後150年 坂本龍馬 京都国立博物館のアクセス

京都国立博物館の住所と地図
〒605-0931
京都市東山区茶屋町527

交通
JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バスでの
アクセスはこちら

京都国立博物館の交通アクセスサイト
http://www.kyohaku.go.jp/jp/riyou/access/index.html

開館時間
9:30~18:00まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで
(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 800円(600円)
中学生以下無料

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬 注目のポイント

  1. 近年になり発見された新資料が多数出品されている
  2. 家族や知人へあてた手紙から坂本龍馬の人物像を知ることができる
  3. 幕末の絵巻から時代背景を概観することができる

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬では

龍馬の手紙に焦点を当てつつ

京都国立博物館に主導される重要文化財や貴重な歴史資料を展示します。

熱い心情や自由な精神と独自のユーモアが伝わる手紙の中では

妻のおりょうとの新婚旅行記や

有名な「日本を今一度、洗濯いたし申し候」

の言葉を含むものや

2年前に偶然発見された新資料なども含ま含まれています。

龍馬暗殺の際の血痕が残る掛け軸も注目の1つです。

これら多数の展示を通しドラマや小説などで

脚色されたものではない生身の龍馬像が

立ち上がってくることだと思われます。

歴史を動かした1人の男の生涯は今も我々の胸のうちの

パイオニア精神を刺激してやみません。

坂本龍馬 暗殺 犯人
坂本龍馬 暗殺 場所
坂本龍馬 暗殺 新説
坂本龍馬 暗殺 黒幕
坂本龍馬 暗殺 理由
坂本龍馬 暗殺 新事実
後藤象二郎 坂本龍馬 暗殺
坂本龍馬 暗殺 西暦
坂本龍馬 暗殺 なぜ
坂本龍馬 暗殺 真犯人