名所江戸百景 一覧
世界に影響を与えた広重最晩年の傑作!縦長の画面と大胆な縮尺で表現する広重ワールド!構図に秘めた天才絵師のもくろみ!名所じゃない場所も描かれているのは何故?

名所江戸百景 一覧

歌川広重 名所江戸百景 一覧

名所江戸百景』(めいしょえどひゃっけい)は、浮世絵師の歌川広重が安政3年(1856年 )2月から同5年(1858年)10月にかけて制作した連作浮世絵名所絵で

概要; 2 全119枚の図絵. 2.1 春の部; 2.2 夏の部; 2.3 秋の部; 2.4 冬の部

歌川広重 名所江戸百景 一覧

最高の初摺で楽しむ江戸の名所歌川広重の最晩年の代表作<名所江戸百景>を、描か れた地域別にまとめた一冊。 掲載するのは、彫り・摺りともに国内外トップクラスの「原安 三郎コレクション」。全てが初摺で、保存状態も極めて優れています。

http://bookclub.kodansha.co.jp/title?code=1000028870

歌川広重 名所江戸百景 一覧

四季折々の江戸の風景を、巨匠・歌川広重が斬新な構図と鮮やかな色彩で描いた「 名所江戸百景」。後期印象派の画家ゴッホにも影響を与えるなど、浮世絵版画のなか でも最も広く知られたシリーズの一つです。広重晩年の代表作

歌川広重 名所江戸百景 一覧