ルコルビュジエの世界遺産 17作品 日本 国立西洋美術館
ルコルビュジエの世界遺産 17作品 日本 国立西洋美術館

世界遺産として7月17日にルコルビュジエの日本にある建築作品、国立西洋美術館が世界遺産として決まりました。
ル・コルビュジエ(Wiki)はフランスの建築家で、近代の建築に大きな影響を与えた建築家です。

ルコルビュジエの世界遺産 17作品

今回の世界遺産への推薦は
7カ国17作品で(上野の国立西洋美術館を含む)
スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、インド、日本の7カ国にあるルコルビュジエの建築物を共同で推薦し世界遺産に登録されました。
国をまたがっての世界遺産の登録は初めてのことです。

展示されている美術品はもちろん国立西洋美術館の建物を観る事も大きな意味を持つ美術館となりますね。

国立西洋美術館では常時様々な画家や彫刻家などの展覧会が催されていますので
いつも混雑しています。

今回の世界遺産の登録が加わりますとさらに見物や観光の客が増えることが予想されますね。

国立西洋美術館の混雑状況は?

こちらのサイトからTwitterのリアルタイムの情報を介して

国立西洋美術館の混雑状況を確認することができます。

国立西洋美術館 | あの展覧会混んでる?

関連キーワード
ルコルビュジエ 世界遺産
ルコルビュジエ 椅子
ルコルビュジエ ソファ
ルコルビュジエ 日本
ルコルビュジエ 早稲田
ルコルビュジエ 小さな家
ルコルビュジエ 作品
ルコルビュジエの建築作品
ルコルビュジエ 弟子
ルコルビュジエ モデュロール

国立西洋美術館 世界遺産
国立西洋美術館 混雑
国立西洋美術館 ホームページ
国立西洋美術館 入館料
国立西洋美術館 レストラン
国立西洋美術館 モネ
国立西洋美術館 チケット
国立西洋美術館 画像
国立西洋美術館 ルノワール
国立西洋美術館 作品