江戸東京博物館,大妖怪展
江戸東京博物館 大妖怪展

7月5日から

江戸東京博物館で開催されている大妖怪展

の期間と混雑状況、さらに伊藤若冲の描いた

妖怪の絵などについて

調べてみました。

伊藤若冲展 2016 京都 細見美術館の期間と混雑状況やアクセス地図

江戸東京博物館 大妖怪展の期間

江戸東京博物館 大妖怪展の期間は

2016年7月5日から8月28日まで

東京の江戸東京博物館で行われます。

夏休みの期間は親子連れなどで大変な

混雑が予想されますね。

 

 

その後、大妖怪展は

大阪で

2016年9月10日から11月6日までの期間

あべのハルカス美術館で

開催されます。

4000年の妖怪の歴史をたどる

江戸東京博物館 大妖怪展では

日本の4000年の妖怪の歴史をたどる展覧会は

縄文時代後期の「みみずく土偶」(重要文化財)

「お腹にいるという虫たち」「諸国に現れた珍幻獣」

平安~鎌倉時代の国宝「辟邪絵(へきじゃえ)」

現存する最古の「百鬼夜行絵巻」真珠庵本(重要文化財)

なんと伊藤若冲の描いた

妖怪の絵のほか

葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川国芳らが描いた

江戸時代の妖怪の絵も展示されます。

また、

大人気の「妖怪ウォッチ」も展示されますので

子供にも人気がでそうな

江戸東京博物館 大妖怪展です。

 

江戸東京博物館 大妖怪展 混雑の状況や待ち時間を知る方法