最後の晩餐 ユダはどれ ユダの位置と場所 表現の違い

ルーベンスとレオナルド・ダ・ビンチの『最後の晩餐』ユダの位置の比較
ルーベンスといえば 夜警が有名ですが、ルーベンスはレオナルド・ダ・ビンチ
の代表作「最後の晩餐」を題材にしてルーベンスの「最後の晩餐」

ルーベンス 作品

ピーテル・パウル・ルーベンスは
バロック期のフランドルの画家画家・外交官で
祭壇画、肖像画、風景画、神話画や寓意画も含む歴史画など、
様々なジャンルの絵画作品を残しました。

piv1qfvo

ルーベンス 聖母被昇天

フランダースの犬 とルーベンス「キリスト昇架」

ルーベンス 作品で検索するとなぜか?

フランダースの犬というのが出てきます。

「キリスト昇架」
「キリスト昇架」

これはフランダースの犬の絵をルーベンスが

描いたわけではなく

フランダースの犬の舞台になった

アントワープ大聖堂の絵画「キリスト昇架」の絵を指しているんですね

「キリスト昇架」

ルーベンス『最後の晩餐』

こちらがルーベンスの『最後の晩餐』
板に油彩で制作した油絵です。

レオナルド・ダ・ビンチと同じく
最後の晩餐のイエスと使徒たちの姿を描いたものです。

 

2mlhfcjz

構図も描写もレオナルド・ダ・ビンチのものとは全く違いますね。

ルーベンス『最後の晩餐』の構図では

最も光が当たっているのがイエスで、画面の中央に描かています。

そして、キリストの使徒たちはその左右に6人ずつ描かれています。

ルーベンス『最後の晩餐』のユダの位置

さて、ルーベンスの『最後の晩餐』でイエスを裏切ったとされる

ユダの位置はどこなのでしょうか?

ルーベンスの『最後の晩餐』のユダは青い衣をまとい

画面の最も手前に位置し

この絵を鑑賞する者を振り、食卓から目をそむけています。

ルーベンスの『最後の晩餐』で最も

目立つ存在はユダで

絵の中の人物たちと視線を会わせるのを避けて

神経質な様子で描かれています。

そして、ユダの足元に描かれている犬は、ユダの飼い犬であり、

貪欲ないし邪悪を表象しているといわれています。

フランダースの犬 ルーベンス
ルーベンスの絵
トリフォリウム ルーベンス
ルーベンス 作品
クレマチス モンタナ ルーベンス
フランダース ルーベンス
ルーベンス 夜警
ルーベンス 聖母被昇天
ルーベンス アントワープ
ルーベンス 特徴

関連記事